税理士について知りたい!

簡単にわかる税理士のこと

皆さんは、税理士について何か知っていることはありますか?

 

恐らく、多くの人たちが税務にかかわる仕事をしている専門家…といったように捉えられているのではないでしょうか。

 

確かに税理士は税務の業務に関わるスペシャリストです。しかしそれ以外にも行っている仕事はあるのです。

 

以外のものと言ったら講演や本の出版となるのですが、これらをするとなると税理士の経験が豊富でなければ中々出来ません。なので多くの税理士は、税務に関わる業務一筋で行っていることがほとんどのようです。

 

仕事の内容としては、依頼主から相談を受けて税務代理、税務書類の作成、税務相談の税理士業務並びに会計業務などをしています。ちなみに税理士が扱う税金の種類は所得税をはじめ法人税、相続税、贈与税、消費税及び地方消費税、地価税(停止中、実質廃案)、道府県民税、市町村民税、事業税、固定資産税…といったものが主となっています。

 

税金には他にもいろいろとあるので気になる人は是非、調べてみてくださいね。前文には税理士は講演や本の出版を行っている人もいる…と書きましたが、企業の系系相談を受けたり金銭トラブルの相談などを受けることもあるようです。

 

税理士と言っても幅広くいろいろなところで活躍しているようですね。税理士を目指そうかな…と考えている人もいるかもしれませんが、国家試験の税理士の合格率はたったの10%ほどのようです。甘い考えでは合格は無理そうですね。

 

給与業務アウトソーシングサービス「S-PAYCIAL」 |鈴与シンワート

心強い税理士

突然ですが、皆さんは税理士がどんな仕事をしているのか知っていますか?

 

主に>港区の税理士の仕事と言えば税に関する業務なのですが他にも会社経営の相談や帳簿の付け方、面倒な税務署とのやり取りなども代わってしてくれます。

 

また、会社経営者としては嬉しい節税対策にも力を入れてくれるのです。知っての通り、節税と脱税は大きく違います。脱税は違法な行為ですが、節税は税金を法律に従って省ける部分は省くという行為なので何も違法には関わっていません。

 

しかし節税を知識のない人がしてしまうと知らないうちに脱税と同じ行為をしていることになる可能性だってあります。それを避ける為にも会社経営者は、信用できる税理士にお願いすることが大事なのです。税理士は皆、同じだろう…と考える人もいるようですがそれは大きな間違いです。知識豊富なのも大切ですが経験も大切です。実績のあるところ、信用されている税理士事務所があれば怖いものはありませんよね。

 

もちろん、経営者に限らず個人事業者の人たちにとっても税理士は強い味方となってくれるはずです。最近では、税理士に直接聞くのではなく第三者を混じれてのやり取りも多いようです。税理士に直接聞きづらいことを聞いたり、他にも希望にあった税理士事務所を探してくれる手助けなどもしてくれるようです。

 

 

 

何も知識が無い人にとってはこういうった第三者という立場があることはとても心強いのかもしれませんね。もし、機会があれば是非利用してみてください。

 

 

ブーチューブ