税理士の仕事内容

税理士の仕事内容

税理士の仕事は主に3つだと言われています。「税務代理」と「税務書類の作成」と「税務相談」。

 

 

これを見る限り、本当に税に関する仕事しかしていないんだな…と印象を受けるかと思いますが、税理士なので当然の話ですよね。しかし、税理士を目指さなくても税理士の勉強を少しでもしておくと何かと役に立つこともあるのです。

 

例を挙げるならば税に関する仕組みが分かり確定申告をしなければいけない時に役立ったり、老後のことを考えて資産運用を始める人にも身につけておきたい知識が豊富にあります。また、税というだけで難しくとらえがちになってしまいますが考えを少し変えてみるのも必要かもしれません。話は戻りますが税理士の仕事の1つ税務代理は、その名の通り納税者(依頼者)に代わって税務署へ税金の申告や申請を行うことを言います。
伊豆長岡 温泉旅館ならニュー八景園がおすすめ。

 

2つ目の税務書類の作成は各種確定申告書・中間申告書の作成や決算書・中間決算所の作成、年末調整、給与計算、源泉所得税納付書…などを作成することです。3つ目の税務相談は、税金に関する相談を受けることです。最近ではネットでメールを受けての相談なども多いようです。

 

これら3つに関しては主となるのですが、他にも会社経営に関する相談や節税対策、経験豊富な税理士になると本を出版したり、各地方で講演を行ったりもします。税理士と一言で言ってもいろいろな仕事を引き受けているみたいです。私たちが思っているよりも遥かに大変な仕事なのかもしれません。