税理士になる為には

税理士になる為には

税理士を目指している人はこの日本にたくさんいるかと思います。

 

しかし、税理士は国家資格でもあるのでどう簡単に「合格」とはいきません。超難問と言われている税理士試験ですがそれでも合格率は10%と、他の国家試験に比べると少し高い合格率となっているのです。

 

10%でも低いと感じるのは私だけではないかと思うのですが、それでも100人受けて10人受かるという単純計算になります。税理士試験の合格率が高いのはちょっとしたからくりがあるからこそなのです。そのからくりの原因は、科目合格制という制度が大きく関わっています。

 

横浜の家族葬なら横浜メモリアルへ。

 

 

科目合格制とは、たくさんある試験の中から何科目か合格すれば試験合格とみなされる制度のことを言います。税理士の場合は11科目受験しなければいけないのですが、そのうち5科目だけ合格すれば晴れて税理士ということになるのです。ただ合格した後、いろいろと手続きを終えてから名乗ることが出来ます。また、5科目のうち1科目でも合格すればその科目は何年経っても合格扱いなのです。

 

簡単にいえば一発で5科目全て合格しなければいけないというわけではなく、何年間も掛けながら合格しても良いということです。

 

だったら単純に1年に1科目の合格を目指せば5年で合格が決まる!ということにもなりますよね。ちなみに税理士での受験科目には簿記論、財務諸表論、所得税法、法人税法、相続税法、消費税法、酒税法、国税徴収法、住民税、事業税、固定資産税とあります。